7/19『ビタミンB12の基礎から応用』zoomセミナー開催Click

グルテンカゼインフリー「米粉パンのフレンチトースト」

   

難易度 ★★★☆☆

調理時間目安 30分(漬け込み時間除く)

栄養価(1枚分)

エネルギー125kcal
糖質17.2g 
たんぱく質4.0g 
脂質3.9g 

 

レシピ作成:管理栄養士  伊藤伸江(Ito Nobue)

   

   

目次

Nobue先生の栄養ポイント解説

        

   

みんなが大好きなフレンチトースト。

   

今回は米粉パンと豆乳を使った

GFCF(グルテン・カゼインフリー)のレシピです。

  

一晩卵液に浸し

弱火でじっくり焼くことで、しっとりふわふわの仕上がりに。

   

米粉パンで作ると、少しおもちのような風味も楽しめます。

   

今回は、鉄フライパンを使う場合の、焼き方のポイントも紹介。

   

たんぱく質と糖質を一緒に摂れる、美味しい補食のレシピをどうぞ♪

   

材料(米粉パン8枚分)

米粉パン 8枚
(1枚約40g)
全卵 2個
豆乳 1カップ
ラカント 大さじ2
バニラエッセンス 適量
(なくてもOK)
バター 大さじ1
(又はギーでもOK)
シナモン 適量
(なくてもOK)

   

手順

①卵、ラカント、豆乳をボールでよく混ぜ卵液を作る。

(余裕があればザルなどでこすときれいに仕上がる)。

   

➁バットに米粉パンを1枚ずつ並べ、卵液を注いでラップをし、冷蔵庫で寝かせる。

    

➂3~4時間たったら②のパンを裏返して反対側にも卵液をしみ込ませる。

④そのまま一晩卵液に浸す(卵液がほぼパンに浸されるまでが目安)。

➄フライパンを火にかけ、バターの1/2量を溶かしてパンの1/2量を並べる。

   

※鉄フライパンで焼くときは温めが弱いとくっつきやすい。

※煙が出ない程度に十分温め、バターを全体にしっかり回してからパンを並べ、表面が焼けるまでは触らない。

   

⑥蓋をして弱火で5分焼く。裏返して蓋をして反対側も5分焼く。

※鉄フライパンで焼く場合、表面がこびりつくときがあるが

フライパンとパンの間をへらで剝がすようにするときれいにはがれる。

パンが崩れやすいので気を付ける。

➆残りのパンも同様に焼き、器に盛って好みでシナモンをかける。

   

鉄フライパンがこびりつくとき

  

   

汚れが残っているか、油がなじんでいない可能性があるため、使う前に油慣らしをするとよいです。

   

煙が少し出るまで火にかけて汚れを焼いた後、ステンレスたわしなどでしっかり水洗いをします。

   

その後、再び煙が出るまで火にかけて乾燥させ、油を表面に塗ります。

   

   

材料の紹介

   

エルフィンの米粉パン

   

グラスフェットバター

   

   

ラカント

   

   

レシピ作成:管理栄養士  伊藤伸江(Ito Nobue) 

   

LINEではセミナー情報を配信しています。

友だち追加
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次