『副腎疲労回復の総合基礎ガイド』zoomセミナー開催Click

旨味たっぷり『白菜と豚のまるごと肉団子鍋』

   

難易度 ★★☆☆☆

調理時間目安 30分

栄養価(1人分)

   

たんぱく質 21.7g 塩分 3.5g
ビタミンK 78.8㎍ ビタミンB1 0.68㎎ 
ナイアシン 6.9㎎ ビタミンB6 0.55㎎ 
ビタミンB12 1.23㎍ 葉酸 86.8㎍ 
パントテン酸 1.68㎎ 亜鉛 3.0㎎

    

レシピ作成:管理栄養士  伊藤伸江(Ito Nobue)

   

   

目次

Nobue先生の栄養ポイント解説

   

        

冬は白菜の出番ですね。

   

   

鍋でトロトロになった白菜は体が温まります♪

   

   

今回は白菜と肉団子のシンプルなお鍋のレシピです。味付けは塩こうじのみなのでとても簡単。

   

   

肉団子の洗い物が面倒だな・・・という方も大丈夫!ビニール袋を使うので手も汚れませんよ~

   

   

ビタミンB群の豊富な豚肉と、にんにくに含まれるアリシンを一緒に食べると、吸収の良いアリチアミンとなり疲労回復効果が長持ちします。

   

   

ひき肉は、塊肉より消化しやすいですし、酵素の豊富な塩こうじによって、美味しさだけでなく、胃腸機能UP効果もあります。

      

   

また、お腹を温めることで副交感神経の背側迷走神経が優位になり、リラックスモードに入りやすくなりますよ。

     

   

ぜひ寒い季節はぽかぽかおいしい鍋でほっこり充電しましょう~♪

   

   

   

材料(2人分)

白菜 1/4玉
豚ひき肉 200g
にんにく 1~2片
生姜  1片
煮干し粉 小さじ1
塩こうじ 大さじ2
水 500㏄

   

   

手順

   

①白菜は芯を取り、縦4等分くらいに切る。

②にんにくは好みの大きさに切る。生姜は千切りする。ビニール袋に豚ひき肉と塩こうじ大さじ1を入れ、揉む。

③鍋に白菜を重ね、間ににんにくと生姜、煮干し粉を入れ、②を詰めていく。

(ビニール袋を使うと手が汚れません)

④水と塩こうじ大さじ1を入れ、蓋をして火にかける。沸騰したら吹きこぼれない程度に弱めて10~15分煮て完成。肉団子を崩しながら皿に盛る。

    

    

白菜から水分が出るので、最初に入れる水は少なめにしています。

   

   

白菜を大きめに切っているので、大きさが気になる時は縦にもう一本切れ目を入れてくださいね。

   

   

塩こうじと煮干しのうまみ、白菜の甘味、お肉の栄養が解けた、旨味たっぷりスープです。

   

   

   

余ったスープは雑炊にしてもいいですし、コチュジャンや豆乳、カレー粉などで味変しても美味しいと思います。

   

   

きのこや、お好みの野菜を追加するなど、アレンジしてみてくださいね。

   

   

レシピ作成:管理栄養士  伊藤伸江(Ito Nobue)

   

LINEではセミナー情報を配信しています。

友だち追加
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次