Blog ブログ

どうしてグルテンフリーがいいの?小麦の問題点3つ

覚えておきたい小麦の問題点3つ

   

低血糖ケアにも

腸内環境改善にも

グルテンフリーが必要になります。

   

絶対に食べちゃダメ―ってことは

ありませんが

とらない方が

確実に良くなりますのでね。

   

覚えておきたい

小麦のデメリットは3つ

   

①品種改良

現代人が「美味しい!」と感じるように

もちっとした食感をつくるため

品種改良されているという点。

   

これが消化がしずらいため

頻繁にたべていると

腸に負担がかかってしまい

リーキーガットの原因)

腸の炎症や免疫疾患

食物アレルギーなどを

起こしやすくなります。

   

②血糖値の乱高下

そしてもう2つ目は

血糖値を

急上昇→急降下

させやすい事。

   

血糖値の乱高下を

頻繁に起こすような

食生活を続けていれば

糖代謝が低下し

様々な不調の原因となります。

(機能性低血糖症)

   

  • 食後眠い
  • イライラ、うつうつ、不安感
  • 肩こりが治らない
  • 睡眠不良、歯ぎしり

   

などなど

あなたは大丈夫?

   

③依存性

また、小麦グルテンの消化の段階で

生成される「カソモルフィン」は

脳に中毒性をおこしやすいため

小麦依存になりやすいです。

(モルヒネに似た作用)

   

朝パンがやめられない

って方が時々いますが

依存しているのかもしれません。

   

朝パン習慣は

なかなか痩せられませんよ~

   

これらの理由から

  • アレルギーがある
  • アトピー体質
  • 腸の不調がある
  • メンタルが不安定
  • ダイエットしたい
  • 自律神経の不調
  • パニック発作がでやすい
  • 原因の分からない不調がある

    

という方には

出来るだけ控えることを

おススメしています。

   

一生食べれないということではなく

元気になったら

時々食べるのは問題有りませんので

あまり神経質にならないでね。

   

化学調味なし!豚しゃぶ茸のグルテンフリーパスタのレシピ

   

とはいっても

たまには食べたいじゃないですか!

   

グルテンフリー麺の代替としては

春雨やフォーなどもいいですが

やっぱりパスタも楽しみたい。

   

でも

グルテンフリーのパスタって

ぼそぼそしていたり

とてもパスタとは言えないような

謎な食感のものも多い。

   

でもこれは

とってもおいしいのです!!

   

グルテンフリーって

言われなかったら全然分かりません。

ほんとに普通の美味しいパスタ。

   

   

250gだから4人分位かな。

   

ではでは

簡単、化学調味なし

たんぱく質もしっかりとれる

グルテンフリー豚しゃぶパスタの

作り方です。

   

材料

  • グルテンフリーパスタ
  • 豚しゃぶ
  • 椎茸(好きな茸でOK)
  • みょうが
  • 大葉
  • しょうゆ
  • かつお節
  • 亜麻仁油(オリーブ油でもOK)

   

作り方

   

  1. パスタを茹でる
  2. 茹で上がる数分前に豚肉と椎茸を投入
  3. ザルで湯切りして皿に盛りつける
  4. しょうゆと亜麻仁油をかける
  5. かつお節、みょうが、大葉をのせて完成

   

ポイントは具沢山にすること!!外食だとやけにオイリーだったり具が少なかったりでバランスが悪いですが自分でつくれば解決出来ちゃいます。

   
今なら、絹さやとかスナップエンドウとかも合いそう。

   
亜麻仁油は加熱NGだしちょっと香りが独特で個人的に使いにくいのですが
パスタにかけると薬味の効果もあるのか全然気になりません!

   

おススメの亜麻仁油はこちらの2点。

製法、酸化管理、配送温度

全てばっちりです。

   

   

(油の選び方について

分からない方は脂質セミナーへどうぞ)

   

   

味や香りは私はこちらが好み ↑

オメガニュートリションのものは

コクがあって香りもきにならない

  

      

ホントに美味しいからためしてみてねー(^^♪

   

    

LINEではセミナー情報を配信しています。

友だち追加