Faq よくある質問

分子栄養学とはなんですか?

一言でいえば「あなたに合った食事でもっと元気になりましょう」という栄養学です。生化学にもとづいた理論で「栄養で細胞や遺伝子の働きをよくする」ことで代謝をスムーズにすることができます。

人間の生命活動は1つ1つの細胞の中でおこなわれていますが、その細胞の働きは栄養に依存しています。分子栄養学を治療の一環にとりいれているクリニック(医師)も増加しており、臨床エビデンスも蓄積されてきています。

従来の「栄養学」と「分子栄養学」の大きな違いは「個体差」を重視するというところです。

例えば、風邪予防としてビタミンCを摂りたい場合、飲酒習慣のある人とない人、抗酸化力の高い人と低い人では、最適量が異なります。つまり、“どんな”栄養素を、“どのくらい”摂取すればよいのかは人によって異なるということです。分子栄養学を学ぶことで、「体質」に応じた栄養アプローチが可能になります。

動画の内容は初心者でもわかるでしょうか?

はい、大丈夫です。初級レベルから上級レベルまでさまざまな動画を準備しています。栄養についてまったく勉強したことがない方でもわかりやすいようお作りしていますので、ご安心ください。

オンラインサロン会員になると何が学べますか?

基本的な栄養学の知識から、応用する方法まで幅広く学んでいただけます。例えば、「バランスのとれた食事とはどんな食事か?」「炭水化物と糖質の違いは?」「LDLコレステロールとは?」などです。もちろん理論だけではなく、実際に家庭で使える知識にまで落とし込んだ情報をお伝えしますので、カンタンに日常生活に取り入れていただけます。

毎日の健康管理を始めとして「よく眠れない」「目が乾く」「生理痛がひどい」など、「病院に行くほどじゃないんだけど…」と悩まれている些細な不調にも対応することができるようになっていくでしょう。

代表の篠塚は、分子栄養療法クリニックで副腎疲労や低血糖、摂食障害、不妊症などの症例を見てきた経験があります。そのため一般の病院では治療法が確立されていなかったり、薬を飲む対症療法しかなく根本的な解決にならなかったり…そんな不調に対してアプローチするための栄養ケアを得意としています。ほかにも、ダイエットや美肌、アレルギー体質などさまざまなお悩みにお答えしています。

分子栄養療法は一般病院の治療と何が違うのですか?

分子栄養療法は、一般病院ではリーチできない、ミトコンドリアや自律神経ケアを行うため、対処療法ではなく根本治療が可能です。
 
例えば、血液検査でホルモン値が正常だった場合、一般的な病院では「問題なし」とされることが多いです。
しかし、栄養療法では血液中のホルモンが細胞にきちんと作用しているか?まで丁寧に考察していきます。
 
細胞膜の状態はどうか?細胞内にホルモンの働きを邪魔する有害なものがないか?
そもそもどうして有害物質が蓄積してしまうのか?根本原因をみつけながら分子1つ1つの働きを正常化して症状を改善します。

栄養療法では食事がとても重要になります。