『副腎疲労回復の総合基礎ガイド』zoomセミナー開催Click

低糖質&カゼインフリー「苺のスムージーアイス」

   

難易度 ★☆☆☆☆

調理時間目安 10分(冷凍時間を省く)

栄養価 糖質量 4.9ℊ(1人分)

レシピ作成:管理栄養士  伊藤伸江(Ito Nobue)

   

   

目次

Nobue先生の栄養ポイント解説

   

暑い夏、アイスが美味しい季節ですね。

  

市販のアイスは乳製品使用のものが多く

原材料の、ぶどう糖果糖液糖

植物油脂、乳化剤などが

気になる方も多いと思います。

   

今回はシンプルな材料

豆乳と冷凍フルーツですぐできる

スムージーアイスをご紹介します。

   

糖質は豆乳とフルーツに含まれる分のみで

甘みにはラカントを使用するため

低糖質なレシピです。

   

材料の半分がフルーツなので

シンプルながら

果物の濃厚な味が楽しめます。

   

先にプロセッサーにかけて作るので

作る手間も最小限。

   

溶けやすいので

食べる時間の少し前に作ってくださいね。

   

材料(2人分)

いちご  100ℊ
(市販の冷凍イチゴでもOK)
無調整豆乳 1/2cup
ラカント 大さじ2
レモン汁(なくてもok) 小さじ1

   

手順

①いちごは洗ってへたを取り、重ならないようにして冷凍しておく。

②材料をすべて合わせ、ブレンダーにかける。

③器に盛って完成。

  

※ミキサーやブレンダーでもOKです。

ブレンダーやミキサーの機種によっては固いものが使えない場合がありますので、お手持ちの取扱説明書をご確認の上でご使用下さい。

   

※溶けやすいので食べる直前に作るようにします。

※食べるまで時間があるときは

冷凍庫で保管してもOKですが

長く冷凍すると固くなります。

   

   

3~4時間までなら

食べやすい固さをキープ出来ます。

   

コチラは4時間冷凍したもの。

   

出来立てはシェイクくらいの硬さですが

少し冷凍すると

ジェラート状になりますので

好みの硬さに冷凍してみてください。

    

冷凍時間が長くなるときは

予めジップロックなどに薄く延ばして冷凍し

少し常温で軟らかくして

召し上がると食べやすいです。

   

いちご以外のフルーツを冷凍するときは

プロセッサーにかけやすいよう

小さめに切って

重ならないようにばらしておきます。

   

市販の冷凍フルーツを使う時は

糖質が少なめで抗酸化力も高い

ベリー系(ブルーベリー、ミックスベリーなど)

が特におすすめです。

  

(ベリー系は

果糖とぶどう糖のバランスが良く

グリコーゲン貯蔵にも回りやすいので

低血糖さんにピッタリ)

   

他のフルーツでももちろんOK

すっきりおいしい

カゼインフリーの自家製アイスを

楽しんでくださいね。

   

お腹が冷えないようとりすぎにご注意を♡

      

材料の紹介

   

ラカント

   

レシピ作成:管理栄養士  伊藤伸江(Ito Nobue)

   

LINEではセミナー情報を配信しています。

友だち追加
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次